トップページ > 福袋の購入テクニック
福袋の購入テクニック

「無駄な物ばかりが入っている福袋」を冗談めかして「ゴミ袋」という人がいます。
たしかに、いくら安価で購入できたとしても不用品ばかりでは、福袋を購入するメリットはありません。
以上の点を踏まえ、嗜好性の高い分野は福袋の購入を控えることをおすすめします。
例えば家電については、すでに持っているタイプの商品より性能が劣るカメラ、テレビ、レコーダーなど、福袋に入っていたとしても使い道が無いという場合が多いのではないでしょうか。
同様に、「こだわりがある」分野の福袋も購入を控えましょう。
衣類の好みにうるさい方は、福袋に入っていた商品がそのままタンスの肥やしに…というパターンが多いようです。
ご注意ください。

福袋によるコスト=無駄な商品を有効に活用するためには、事前に放出ルートを確保しておくことが重要です。
ネットオークションやフリーマーケットなどを有効に活用しましょう。
最初から処分するつもりであれば、一度も使わずにきれいな状態を維持することに努めてください。
どうしても買い手が見つからない商品については、友人や家族にあげてしまうのもひとつの手です。
特に衣類関係の価値は個人の好みによって決まるところも大きいので、案外喜ばれるかもしれません。

どうしても福袋で損をしたくない、安全な福袋を買いたいという方は、有名店の福袋を買うことをおすすめします。
特に大型百貨店の福袋は、万人向けの商品がチョイスされているので無難といえるでしょう。
ただし、行列と混雑は覚悟しておく必要があります。

関連エントリー
Copyright © 2009 まるわかり年始福袋・決定版 . All rights reserved