トップページ > 福袋の裏技
福袋の裏技

世の中には「福袋マニア」ともいうべき人たちもいるようで、彼らは独自のノウハウを駆使して福袋を最大限に活用しています。
例えば、目玉商品がはっきりしているタイプの福袋は、中身で必要な商品だけを残して、あとは転売する、といった方法で処分されます。
特に、値札やタグが付いている付いている商品は「新品」として転売できるのでおすすめです。
オークションに出すのであれば、商品を魅力的に見せる写真撮影の技術や、セット販売(再福袋化)を駆使して売りさばきましょう。

衣類の福袋に関しては、組み合わせが重要です。
個人の嗜好、上下が揃って初めて魅力を生じる衣類もありますから、友達などと協力して、まとめ買い+中身の交換を行ないます。
たとえ自分の気に入らない(似合わない)衣服であっても、友人にとっては有用な商品となるかもしれません。
逆もまた然り、というわけで、福袋は身内の物々交換でその魅力を大きくアップする可能性を秘めています。
ハンガーの付くブティックであれば、袋の上から触るだけである程度中身を判別できる場合もあるようです。

サイズや色合いを気にするのが面倒な場合は、アクセサリー系の福袋を購入しましょう。
アクセサリーは衣類に比べて流行の変化も緩やかなので、長く用いることもできます。

人気百貨店(特に都心)の福袋は、全国的な人気があります。
そのため、オークションでも高値で取引されるケースが少なくありません。
こうした人気福袋を大量に仕入れたい場合は、購入後に百貨店の配送サービスを利用しましょう。
ゆうパックなどで数日後に届けられます。

関連エントリー
Copyright © 2009 まるわかり年始福袋・決定版 . All rights reserved