トップページ > 福袋のメリットとデメリット
福袋のメリットとデメリット

福袋のメリットといえば、やはりお得な価格で多種多様な商品が手に入る、この点を挙げる方が多いのではないでしょうか。
中身は10万円相当で、販売価格が1万円、といった福袋も数多く存在します。
中には販売店がその威信を欠けて赤字覚悟で中身をチョイスしている福袋もありますから、安価な価格で驚くほど豪華な商品が手に入る可能性も少なくありません。

中身が分からない、という点を福袋のメリットに挙げる方もいらっしゃるでしょう。
福袋を購入するときのドキドキ感は、なかなか味わえないものです。
ギャンブルにも似たあの刺激を求めて、年末年始は多くの人々が行列を作ってまで福袋を買い求めています。

しかし、中身がわからないという点は福袋のデメリットでもあります。
中身は運次第ですから、不用品が入っていても諦めるしかありません。
サイズの合わない衣類、すでに持っている電化製品などは、転売以外に利用価値は無いかもしれません。
どうしても福袋で損をしたくないという方は、中身が公開されている福袋を購入しましょう。

ただし、福袋は転売によって高値が期待できる、というメリットも併せ持っています。
たとえ不用品が入っていたとしても、人気店の福袋は他人にとって宝箱のようなもの。
オークションなどを利用すれば、元値以上の価格で取引される例も少なくありません。
福袋を処分するルートさえ確保しておけば、損をする可能性は非常に低くなるでしょう。

しかしながら、人気店の福袋を手に入れるには並ばなくてはならず、この点はデメリットかもしれませんね。
予約が可能であれば予約を、並ぶ場合には売り場への最短ルートを把握することをおすすめします。

関連エントリー
Copyright © 2009 まるわかり年始福袋・決定版 . All rights reserved