トップページ > 福袋の基礎知識
福袋の基礎知識

福袋というと年末の風物詩というイメージが強いのですが、種類によって発売される時期に若干の違いがあるようです。
例えば、大型家電の販売店では、1月1日から福袋の販売を始める店舗が多いといわれています。
一方、ファッション系の福袋は、年末年始以外にも、夏用、秋用の福袋などを季節毎に販売しているところもあります。
人気の百貨店では11月頃から予約の受付を始めており、年末にはほぼ完売というケースが珍しくありません。
年末以降、例えば1月初旬に福袋の再販(追加販売)を行なう店舗もあります。
ただし、いずれの福袋もやはり年末を主戦場としている点に違いは無く、特に正月三ヶ日は種類が豊富です。

食品・食材系の福袋は季節に関わり無く通年での販売が一般化しつつあります。
中身については、季節によって旬の物を取り入れている福袋が多いようです。
インテリア系の福袋については、年末よりも新春(新生活を始める季節)に合わせて販売が行なわれる例が多く見られます。

最近は「中身の分かる福袋」が売上を伸ばしています。
福袋というよりは実質「セット販売」で、福袋特有のギャンブル性はあまりありません。
一方で、中身の分からない(特に安価な)福袋については、値段が据え置かれる代わりに「ハズレ」商品の入っている率が高くなるといわれています。
つまり、福袋の質と価格は比例すると考えて間違いありません。

福袋の中身を予測するうえで役に立つのが「過去の実績」です。
やはり質の高い福袋ほど売上を伸ばすため、例年話題を呼んでいる店舗の福袋は信頼できます。
ネット上には福袋の中身に関するデータベースもあるので、そうした情報も利用してみると良いでしょう。

関連エントリー
Copyright © 2009 まるわかり年始福袋・決定版 . All rights reserved