トップページ > 福袋をオークションに出品
福袋をオークションに出品

福袋はオークションでも人気を博しています。
特に有名百貨店で販売される福袋は人気が高く、地方からも購入者が訪れ行列に加わるほど。
当然、オークションに出品すれば相応の高値が期待できます。
購入費を上回る金額で落札される例も多いため、年末年始には転売を行なう業者が急増します。

福袋をオークションに出品する際に問題になるのが、「中身を公開すべきか否か」という点です。
結論からいうと、良質な福袋については中身を公開した方が高値が期待できます。
逆にいえば、品質に問題がある(あるいは偏りがある)福袋については、中身を伏せておいた方が無難です。
ただし、福袋を開封して中身を確認する場合は「開封済」である旨を記載したうえで出品するのがマナーです。
開封後は、未使用品であれば「新品」として出品しても構いませんが、一度でも使用した物は「中古品」として出品してください。

福袋の中身によっては、ばら売りにした方が利益が出るタイプの商品もあります。
例えばサイズ違いの衣服、男性物、女性物、限定品などは個別に出品した方が高値が付きやすいようです。
逆に、安手の物や人気薄の商品に関しては、まとめて出品した方が良いでしょう。

年末は福袋の転売が最盛期を迎えますから、同様の商品が大量に出品されて値が下がる傾向にあります。
あえて出品する時期を遅らせて、品薄になったタイミングで売りに出すと高値が付く可能性も高くなります。
ただし、季節物などはタイミングを見誤ると大きく値を下げますからご注意ください。

関連エントリー
Copyright © 2009 まるわかり年始福袋・決定版 . All rights reserved